Bus trip

夜行バスを利用するメリット|目覚めたら別世界

いくら位で乗れるのか

船ごとに相場があります

船

クルーズ船の旅というとあまり身近でないイメージですが、気軽に楽しめるクルーズもあります。それが東京湾クルーズであり、お台場や羽田沖などを巡って東京湾の魅力を堪能できます。また東京湾クルーズの楽しみ方は人それぞれで、豪華な料理を楽しむ人もいれば、東京の夜景を海から眺めるのを楽しむ人もいます。また変わったところでは、船尾で航跡を眺めながら日常を忘れる楽しみ方があります。しかしクルーズ船というと、何となく高いイメージがします。そのため、東京湾クルーズの料金相場を知っておくと良いでしょう。ここでは船のタイプ別に沿って紹介します。まずクルーズ船の場合、基本的には料理とセットで旅を楽しみます。ランチやディナーやサンセットクルーズなど、時間帯によってコースが選べます。基本的には5,000〜6,000円前後が相場ですが、時間帯が遅くなるほど料金は高めです。また食事がつかない東京湾クルーズもあり、こちらは2,000円前後と安いです。また屋形船で東京湾の旅を楽しむ人もいます。屋形船もクルーズ船同様、食事とセットになったプランが一般的です。特にランチタイムは団体のプランになる傾向です。食事付きであれば、5,000円前後が相場です。よりリーズナブルに東京湾を楽しむならば水上バスがおすすめです。東京湾の水上バスはいくつかの航路があり、コースによって値段が異なります。食事はありませんが、300〜2,500円程度で乗船できるのでお得です。しかも路線バス同様発着場で乗り降りできるので、東京各地を回りたい場合に便利です。

合理的な移動手段

車内風景

交通インフラが整備されている日本は世界的に見ても移動手段に恵まれています。スピードを重視した移動手段からコストを重視した移動手段まで多種多様な選択肢が存在しており、ニーズに合わせて使い分ける事が出来るのです。その中でも夜行バスは長距離区間を走る交通機関としては非常に合理的な移動手段と言えます。その名の通り、夜間に走行を行い長距離を移動するのが夜行バスの特徴です。長時間のバス移動は身動きが取りづらい為、ストレスを感じやすい環境ですが、走行している時間帯が夜間なので、寝ている人が多くストレスをそこまで感じずに移動が行えます。近年はより睡眠が行いやすい様にシートの間隔を広げたり、個別のカーテンを設置したりする夜行バスも登場するなど快適性が日々向上しています。また、日中は渋滞が発生する様なルートも夜間であれば交通量が少ない為、渋滞にも巻き込まれずにスムーズに移動が行えるのも夜行バスならではの特徴です。もちろん、確実という訳では有りませんが、昼間に走るバスと比べると渋滞に巻き込まれるリスクは格段に少なくなると言えるでしょう。この様に夜行バスは快適性、時間の正確性いずれからも合理的な移動手段となっています。なお、近年は快適性、正確性に加えて利便性という点においても向上して来ており、スマートフォンなどからの予約やキャンセルが行える夜行バス会社が増加している傾向です。臨機応変に予約、変更、キャンセルが行えるので非常に便利です。

充実した路線

バス

九州は充実した高速バスの路線網を持っているところでたくさんのバスが走行をしています。その中でも九州の中心地である福岡は高速バス路線の起点になっており、ここから九州各地に向けて行きやすいメリットがあります。福岡から出発をする高速バスを利用するときには出発をする場所、または福岡の目的地によって使い分けるのが賢い選択方法になります。福岡は九州の交通の拠点であり、空港や新幹線の停車する鉄道の駅があります。空港には日本各地から航空機が就航をしているだけでなく、アジア各地とも結ばれています。このため、福岡から九州に入って各地に行くときにはここから出発をする高速バスを選択するのが便利です。一方で福岡の中心地は天神になります。この周辺には飲食店だけでなくイベントスペースなども多くあるので福岡でのイベントとなると天神周辺で開催されることが多いです。天神にもバスターミナルがあり、ここからも九州各地に向けて高速バスが運行をされています。こうしたデュアルハブになっているので出発地に合わせてバスを選択するのが賢い方法になります。福岡の空港や駅と天神は地下鉄で結ばれているので比較的簡単に移動をすることができますが、上下の移動を伴うので大きな荷物を持って移動をしなければいけないときにはデメリットが多いです。どちらを出発するバスも本数が多く、またたくさんの会社によって運行をされるので、安く利用をすることができます。